会員の募集について

コラム

本コラムは、JBMIA DMS部会の委員が持ち回りで、文書管理等に関する最近の関心ごとについて記載する不定期掲載のコラムです。
本コラムの内容や意見は、全て執筆者の個人的な見解であり、各委員が所属する組織及びDMS部会を代表する見解ではありません。

2020/07/13

温泉とテレワーク

みなさまは昭和の温泉と言えば思い浮かぶもの、何でしょうか? 
卓球台、受付の黒電話、ひろ~い宴会場、揃いの浴衣で射的にボットル。
私事ですが昭和の終わり迄温泉旅館を営んでいた我が家。
ギリギリ昭和生まれの私KSにはもちろんその時代の記憶はないのですが、
祖母がいきいきと語る当時の話と、残してある源泉は今でも楽しんでいます。

旅館を訪れる目的は観光、湯治、合宿、団体旅行など、様々あると思いますが、文豪と呼ばれる方々は温泉旅館に滞在して執筆活動をされることが多かったようですね。都会の喧噪を離れ、緑や自然に囲まれ、夜には温泉。環境の変化による適度な緊張とリラックス効果によってアイディアが浮かび、良い仕事ができるのだそうです。

ウィズコロナ、アフターコロナに向けてテレワークへの対応を進める企業が増えてきました。
セキュリティ、コミュニケーションや紙への依存等 依然多くの問題も残っていますが、温泉地に限らず従業員の住環境・仕事環境がより自由になることで有能な人材の確保や高いアウトプット、地方活性化への効果にも期待していきたいと思います。
まずは自ら実践したいな、地元の活性案にもならないかなと“温泉地 テレワーク”で検索したところ、既に複数の宿や実家の隣の市(!)がヒットして驚いたKSでした。(K.S)

これまで掲載したコラム

年代をクリックすると過去の掲載分が一覧で表示されます。

>> 戻る